【違いも比較】Xレーザーネクスト2/エリート2を徹底評価・レビュー!

アキラ
【陸上競技歴20年目 短距離専門】

✅ 200m 22秒42(+1.1)
✅ 300m 35秒76
✅ 400m 49秒74
✅173cm / 56kg

これまで長年陸上競技の短距離に取り組んできた経験や多くのスパイクやシューズを履いてきた経験をもとに、陸上競技の短距離用スパイクについて詳しく解説しています。

(当記事はプロモーションを含みます)

アキラ

この記事ではミズノの短距離用スパイクXレーザーネクスト2Xレーザーエリート2を徹底解説しています。

エックスレーザーのスパイクは一言で言うと、「スムーズなコーナリングを可能にするロングスプリント向けモデル」です。ミズノ特許のプレートに高硬度樹脂を流し込み、コーナー走行時に外側にかかる力を反発に変えることで減速を抑えてコーナーを走ることでできます。

エックスレーザーネクスト2エックスレーザーエリート2

この記事を読むことで、Xレーザーネクスト2/エリート2の特徴や、どんな人がXレーザーネクスト2/エリート2に適しているのかが分かるようになります。

目次

対応種目は100m~400m、ハードル

100m200m400m100mH
110mH
400mH

コーナーのあるロングスプリント用に設計されているため、200m、400m、400mHでの使用がオススメです。

Xシリーズの歴史

ジオマッハが発売

200mの日本記録保持者の末續慎吾選手が着用していたスパイクをベースに一般向けに販売されました。

ジオシリーズの時代

この間、種目に応じてジオスパーク、ジオサイレンサー、ジオスプリント等のモデルが長らく活躍しました。

初代Xシリーズが発売

Xシリーズの登場によりジオシリーズの生産が終了しました。

Xシリーズ2が発売

アッパーに新素材のウーブンアッパーが採用されるなど改良が加えられました。

Xシリーズ3が発売

アッパーが軽量化されるなどの改良化がされました。

Xシリーズは5種類あったが現在は3種類になっている

Xシリーズはジオシリーズの後継という立ち位置になります。Xシリーズは初代➡2➡3と進化しており、以下のような分類分けができます。

スパイク名対応種目競技レベル


Xレーザー
ネクスト1,2,3
100m-400m
ハードル
中級者向け
Xレーザー
エリート1,2
100m-400m
ハードル
上級者向け



Xブラスト
ネクスト1,2
100m-400m
ハードル
中級者向け
Xブラスト
エリート1,2,3
100m-400m
ハードル
上級者向け
Xブラスト
ネオ1,2
100m-400m
ハードル
さらに上級者向け
アキラ

レーザーがロングスプリント、ブラストがショートスプリント向けです。

Xシリーズは3代目の登場により以下のように種類が減りました。

アキラ

3代目になってから「レーザーエリート」、「ブラストネクスト」が無くなりました。

Xブラストネクスト2/エリート2はこちらで解説しています
Xレーザーネクスト3はこちらで解説しています
Xブラストエリート3はこちらで解説しています
XブラストNEO2はこちらで解説しています

アッパーは新素材のウーブンアッパーを採用

ウーブンアッパーにより軽量化し柔軟性も向上した





2




2

どちらも同素材のウーブンアッパーを使用しています。

ウーブン素材の特徴としては、

  • 従来まで主にミズノスポーツウェアに使用されていた素材で、軽量性、柔軟性を兼ね備えている
  • 薄く、横方向には伸びやすく縦方向には伸びにくいため、シューズの中で足がブレにくく、足を良い位置でキープする

つまり…?

  • 従来モデルより10~15gの軽量化に成功
  • 購入した日から足に馴染むフィット感と柔軟性が特徴
  • 接地時のブレを抑制しパワーロスを軽減し地面に正確に力を伝えられる
アキラ

個人的には合成皮革の硬くて張りのあるアッパーは好みではないので、柔軟性がありフィット感のあるウーブンアッパーは好きです。

アンクルベルトは据え置きで高いホールド感がある





2




2

アンクルベルトにより足首周りの高いホールド感を実現しています。

アンクルベルトは可変ベルトになっており、ベルトを締めるとかかとを囲むようにストラップが締まりホールドします。

アキラ

近年、アンクルベルトは廃止するスパイクが多いので、アンクルベルトが好きな方にとっては貴重な選択肢のひとつです。

スケルトンアッパーなので通気性が高く軽量な作り





2




2

アッパーはスケルトンアッパーなので通気性が高く、軽量化に成功しています。また、アッパー全体の屈曲性も向上しています。

徹底的にコーナリングにこだわったソールを採用

Xシリーズ専用のFlex Control Soleプレート





2




2

プレートはXシリーズ専用のものされたもので、踵まで伸びているフルレングスプレートです。

  • 硬度のある樹脂をプレート外側に流し込み、プレートの内側と外側の硬さを調整
  • プレート全体の硬さはやや硬め
  • つま先の傾斜は少なめ

つまり…?

  • コーナリングの際に力が外側へ逃げず、重心移動がスムーズに行えるためコーナーでの減速が抑えられる(直線のような感覚でコーナーが走れる)
  • プレートはやや硬めであるが、適度な硬さなので、女子選手や筋力の少ない選手でも反発を得られやすい
  • フォアフット(つま先接地)が出来る筋力がなくても反発を貰いやすい
アキラ

Xレーザーネクスト2よりもXレーザーエリート2の方が、プレート自体が硬く高反発になっています。

安定感のあるセミラウンドソール採用





2




2

かかと部はどちらも安定性と軽量性を併せ持つセミラウンドソールとなっています。

クッション性はあまり高くないため、フラット気味のプレートと相まって地面との接地の感覚がダイレクトに伝わってきます。接地面は安定しているため、400mのラストでもブレずに力を伝えることが出来ます。

バランスの取れたピン配列





2




2

Xレーザーネクスト2は取り換え式で8mm×6本です。

Xレーザーエリート2は固定式で7mm×6本です。

アキラ

グリップ力、抜けの良さ、コーナリングを配慮したバランスの良いピン配列です。

価格は標準的で、オンラインだと安く購入できる

定価…19,580円(税込)  Xレーザーネクスト2

定価…24,200円(税込)  Xレーザーエリート2

Amazon、楽天、ゼビオオンラインだと、サイズやカラーによって価格に変動はありますが、15,000円前後~20,000円弱になっています。

エックスレーザーネクスト2エックスレーザーエリート2

幅広いサイズ展開

22.0cm~29.0cmのサイズ展開になっています。

サイズ感は標準的で窮屈感がない

幅は2Eです。一般的なスパイクと同じようなサイズ感です。普段履いているスパイクと同じサイズでちょうど良さそうです。

アキラ

アシックスのスパイクに比べて多少横幅にゆとりがあるので、窮屈になりすぎないちょうど良いフィット感です。

カラー展開はネクスト1色、エリート2色

Xレーザーネクスト2Xレーザーエリート2
グレー/ブルー/ライムグレー/ブルー/ライム
オレンジ/ブルー

重量は軽めに設計されている

約165g…26.0cm片足 

約155g…26.0cm片足  Xレーザーエリート2

スパイク名重さサイズ




サイバー
ブレード16
約170g26.0cm
ジェット
スプリント2
約140g26.0cm
SP
ブレード9
約165g26.0cm


Xレーザー
ネクスト3
約155g26.0cm
Xブラスト
NEO2
約175g26.0cm
クロノ
インクス9
約140g26.0cm
各スパイクの重量比較表

口コミ・レビュー情報

Xレーザーネクスト2、Xレーザーエリート2の口コミ・レビュー情報の概要を紹介します。

  • エックスシリーズはやや重いのがネックだったが、これは軽い。エフォート卒業後はこれでいいかもしれない。ややフラットなソールなので少ないので力が伝えやすい。
  • アッパーが柔らかい素材なのでフィット感がかなり高い。アンクルベルトを締めるとさらにフィット感が増す。
  • プレートは硬すぎないので筋力がなくても比較的走りやすい。
  • 全体的に出来がいいので迷ったらこのスパイクを選択すれば間違いないと思う。
  • めちゃくちゃ走りやすくて大満足。
  • とてもフィットして軽い。

まとめ

Xレーザーネクスト2、Xレーザーエリート2は以下のような方に強くおすすめします。

  • 初めてオールウェザー専用スパイクの購入を検討している方
  • 筋力にそこまで自信がないが、オールウェザー専用のスパイクを購入したい方(特に中学生や女子選手)
  • 200mや400mをメイン種目としており、コーナーでの減速を抑えたい方
  • 筋力やパワーに自信がある場合、より反発の強いXレーザーエリート2がオススメ
アキラ

最後までご覧いただきありがとうございました。

エックスレーザーネクスト2エックスレーザーエリート2
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次