【100/200メインに最適】エックスブラストエリート3を徹底評価・レビュー!接地感を重視したい人向け

アキラ
【陸上競技歴20年目 短距離専門】

✅ 200m 22秒42(+1.1)
✅ 300m 35秒76
✅ 400m 49秒74
✅173cm / 56kg

これまで長年陸上競技の短距離に取り組んできた経験や多くのスパイクやシューズを履いてきた経験をもとに、陸上競技の短距離用スパイクについて詳しく解説しています。

(当記事はプロモーションを含みます)

アキラ

この記事ではミズノの短距離用スパイクXブラストエリート3を徹底解説しています。

Xブラストエリート3は一言で言うと、「中級者~上級者にオススメなショートスプリンター向けの高反発スパイク」です。Xシリーズ専用のFlex Control Soleの全面に高硬度樹脂を流し込み、高反発なプレートに仕上げています。うまく体重を乗せてプレートをしならせることで高い反発が貰えるスパイクになっています。

Xブラストエリート3

この記事を読むことで、Xブラストエリート3の特徴や、どんな人がXブラストエリート3に適しているのかが分かるようになります。

目次

対応種目は100m~400m、ハードル

100m200m400m100mH
110mH
400mH

対応種目は100m~400m、ハードルです。高反発なスパイクなので、どちらかと言うと100m、200mに向いています。

200m、400m、400mHを中心に走る方はXレーザーネクスト3がオススメです。

Xシリーズの歴史

ジオマッハが発売

200mの日本記録保持者の末續慎吾選手が着用していたスパイクをベースに一般向けに販売されました。

ジオシリーズの時代

この間、種目に応じてジオスパーク、ジオサイレンサー、ジオスプリント等のモデルが長らく活躍しました。

初代Xシリーズが発売

Xシリーズの登場によりジオシリーズの生産が終了しました。

Xシリーズ2が発売

アッパーに新素材が採用されるなど改良が加えられました。

Xシリーズ3が発売

アッパーが軽量化されるなどの改良化がされました。

Xシリーズはのラインナップは5種類から3種類になった

Xシリーズは初代➡2➡3と進化しており、以下のような分類分けができます。

スパイク名対応種目競技レベル


Xレーザー
ネクスト1,2,3
100m-400m
ハードル
中級者向け
Xレーザー
エリート1,2
100m-400m
ハードル
上級者向け



Xブラスト
ネクスト1,2
100m-400m
ハードル
中級者向け
Xブラスト
エリート1,2,3
100m-400m
ハードル
上級者向け
Xブラスト
ネオ1,2
100m-400m
ハードル
さらに上級者向け
アキラ

XブラストエリートはXブラストネオに次いで高反発なスパイクになります。

Xシリーズは「3」の登場により以下のように種類が減りました。

アキラ

「レーザーエリート」と「ブラストネクスト」は2までで廃止されました。

Xレーザーネクスト2/エリート2はこちらで解説しています
Xブラストネクスト2/エリート2はこちらで解説しています
Xレーザーネクスト3はこちらで解説しています
XブラストNEO2はこちらで解説しています

アッパーはさらに軽量化しフィット感が増した

軽量、柔軟、フィット感の高いウーブンアッパーを採用

前作に引き続き、ウーブン素材のアッパーが使用されています。

前作のXブラストネオは縦にストライプ状に補強が入っています。

一方、Xブラストエリート3ではより薄い素材感にして格子状に補強が入っています。体感ではこちらはしっかり足をホールドしてフィット感が高かったです。

アキラ

見た目からもわかるように薄いアッパーになっています。

ウーブン素材の特徴としては、

  • 軽く、柔らかい素材でスポーツウェアにも用いられる
  • 薄く、一方向に伸びる素材のため、足の動きや変形に応じて伸縮する

つまり…?

  • 従来の合成皮革アッパーより10~15g軽くなった
  • 通気性が良くフィット感も高い
  • 接地時のブレを抑制しパワーロスを軽減し地面に正確に力を伝えられる
アキラ

個人的に合成皮革のアッパーは硬くて足に馴染むまで時間がかかり好みではないので、ウーブンアッパーは好きです。

可変ベルトによりかかとのフィット感が高い

アンクルベルトを締めると、アンクルベルトと繋がっているナイロンベルトが連動して締まりかかとを一周してホールドするので高いフィット感が得られます。

シューレースを締めるとアッパー全体がホールドする

シューホールと連動したベルトがアッパー全体に伸びているため、シューレースを締めるとアッパー全体が中心に寄るため、足全体を包み込むようにしてホールドし、高いフィット感を生みます。

アキラ

この作りはクロノインクスから継承されています。

高い接地感と反発力の高いプレートを採用

Flex Control Plateでさらに硬いプレートに仕上げている

プレートはXシリーズ専用のFlex Control Plateです。樹脂を流し込む場所や流し込む樹脂の硬さを調整できるプレートになっています。※線の入っている場所に樹脂を流し込んでいます。

今作では前作のXブラストエリート2よりもさらに硬い樹脂を流し込み、反発性を高めています。

アキラ

手で曲げてみてもかなり硬いのが分かります。ゆえに左右へのねじれもかなり軽減されます。

安定性の高いセミラウンドソールを採用

かかと部は安定性と軽量性を併せ持つセミラウンドソールとなっています。

クッション性はほぼないため、地面との接地の感覚がダイレクトに伝わってきます。Xブラストネオ2はクッションソールが入っているため、より接地感を重視したい方はXブラストエリート3を選択すると良いでしょう。

ピンは交換式になり使いやすくなった

ピンは8mm×6本で交換式です。交換式なのはありがたいです。

アキラ

グリップ力よりも接地時間の短縮を優先する場合は7mmピンに取り換えるのも良いと思います。

価格は高めだがオンラインで安く買える

定価…25,300円(税込)

Amazon や楽天であれば15,000円前後~20,000円前後で購入することができます。

Xブラストエリート3

幅広いサイズ展開

22.0cm~29.0cmのサイズ展開になっています。

サイズ感は標準的

幅は2Eです。一般的なスパイクと同じようなサイズ感です。普段履いているスパイクと同じサイズでちょうど良さそうです。

カラー展開は4色

コーラル
ホワイト
ブラック
ターコイズ
コーラル
ブルー
ブラック
グリーン
オレンジ
シルバー

重量は軽めに設計されている

約155g…26.0cm片足

他のスパイクと比較しても軽い部類になっています。

スパイク名重さサイズ




サイバー
ブレード16
約170g26.0cm
ジェット
スプリント2
約140g26.0cm
SP
ブレード9
約165g26.0cm


Xレーザー
ネクスト3
約155g26.0cm
Xブラスト
NEO2
約175g26.0cm
クロノ
インクス9
約140g26.0cm
各スパイクの重量比較表

口コミ・レビュー情報

エックスブラストエリート3の口コミ・レビュー情報の概要を紹介します。

  • いつもインクスを使っていたが硬さが足りないため試しに購入した。走ってみるとしっかり反発を貰える硬さでとても良い。
  • 体重をしっかり乗せるとプレートの反発がしっかり返ってきて自然と推進力が得られる。
  • アッパーが薄く、足にかなりフィットする。
  • 凄く走りやすくフィット感が高いが、反発がかなり強いため筋力がないと履きこなすのが難しいと感じた。

まとめ

エックスブラストエリート3は以下のような方に強くおすすめします。

  • ショートスプリントでより高反発なスパイクを使いたい方
  • ダイレクトで高い接地感のある高反発なスパイクが使いたい方
  • 筋力に自信があるパワータイプのスプリンター
アキラ

最後までご覧いただきありがとうございました。

Xブラストエリート3
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次