【走り方の教材】ジェットスプリント2を徹底評価・レビュー!中学生や女子選手にもオススメ

アキラ
【陸上競技歴20年目 短距離専門】

✅ 200m 22秒42(+1.1)
✅ 300m 35秒76
✅ 400m 49秒74
✅173cm / 56kg

これまで長年陸上競技の短距離に取り組んできた経験や多くのスパイクやシューズを履いてきた経験をもとに、陸上競技の短距離用スパイクについて詳しく解説しています。

(当記事はプロモーションを含みます)

アキラ

この記事ではアシックスの短距離用スパイクジェットスプリント2を徹底解説しています。

ジェットスプリント2は、一言で言うと「フラット接地で走る方、フラット接地を習得したい方にとって最適なスパイク」です。ジェットスプリントといえばフラットなソールであり、他のどのスパイクと比べても一番傾斜が低い作りになっています。難しく思えるかもしれませんが、プレートはそこまで硬くないため、実は女子選手や筋力が少ない選手でも扱いやすいスパイクに仕上がっています。

ジェットスプリント2

この記事を読むことで、ジェットスプリント2の特徴やジェットスプリント2はどんな人に適しているのかが分かるようになります。

目次

対応種目は100m~400m

100m200m400m100mH
110mH
400mH

対応種目は100m~400mです。

ハードルには対応していません。ピンレスプレートデザイン+最小限のピンなので、グリップ力がより必要なハードルにはやや厳しいでしょう。

ジェットスプリントの歴史

初代ジェットスプリント発売

ジェットスプリントの原型は、桐生選手が特注で履いていたフラットソールのスパイクです。このフラットソールのスパイクを一般向けに販売されたのが初代ジェットスプリントになります。

ジェットスプリント2発売

フラットソールのコンセプトをそのままにリニューアル販売されました。

ジェットスプリント3発売

いつ発売するのかと待ち望まれていましたが、1月31日に大幅な進化を遂げて発売されました。

ジェットスプリント3はこちらで解説しています。

アッパーにはHL-0メッシュを採用しアンクルベルトは廃止

アッパーの大きな特徴はHL-0メッシュ、ダイナラップを採用しアンクルベルトは廃止されたことです。

優れた機能のHL-0メッシュを採用

  • 東レが自動車の特殊部品用として開発した特殊弾性織物をベースに、スポーツ用途としてアシックスと共同開発を進めた新素材
  • ポリエステル繊維(高伸縮素材)に弾力性の高い繊維(高剛性素材)をタテ方向とヨコ方向へ織り込んだ特殊構造
  • 高伸縮性素材は従来素材に比べて約80%軽く、約8割の力で伸ばすことができ、高剛性素材はゴムのように伸び戻りが良い

引用:アシックス公式HP

つまり…?

  • 柔らかいため足当たりが良い
  • 優れた弾力性があるためフィット感がとても高い
  • スパイクの軽量化につながり、足の動きに応じて伸縮する

このHL-0メッシュは、その他のアシックスの短距離用オールウェザー(タータン)専用スパイクにも実装されています。具体的には、

と同素材のアッパーが使用されています。

アキラ

ジェットスプリント2はSPブレード9やサイバーブレード16と比較してHL-0メッシュの使用面積が広いため、よりHL-0メッシュのメリットが発揮できるアッパーになっています。

初代ジェットスプリントのアッパーは合成皮革でした。柔らかめで足当たりもそこそこ良かったですが、HL-0メッシュに変更されてさらに柔らかい足当たりとフィット感を生んでいます。

ダイナラップにより高いフィット感を実現

ダイナラップは上の図の紐が通ったオレンジ色のバンドのようなものです。

内部では中足部の中敷きと繋がっており、紐を締めると中足部がぐっと持ち上がり、よりフィット感が増します。

  • フィット感が増す事で走行時のブレやシューズ内でのズレを最小限に抑えるため、エネルギーロスが軽減される
  • 結果として接地時間が短縮し効率的にエネルギーを地面に伝えることができ

このダイナラップは

にも採用されています。

アキラ

ダイナラップは初代ジェットスプリントには実装されていなかった新機能です。

アンクルベルト廃止により軽量化

今作からアンクルベルトが廃止されました。

↑初代ジェットスプリントです。アンクルベルトはベルトフィットシステムではなく、かかとと連動しているわけではなかったので、単純に足首周りを固めるという役割に留まっていました。

アキラ

HL-0メッシュとダイナップにより全体のフィット感が格段に向上したため、アンクルベルトを廃止することで軽量化と足首の可動性を向上させています。

アンクルベルトが廃止された代わりにシューレースホールが一段上に設置されたので、より足首の固定を強化したい方は一番上まで紐を通すと良いです。

ソールはピンレスとピンありの良いとこ取り

ソールはメタスプリントのピンレスプレートをベースにしていますが、要所に固定ピンを設置しています。そして、ジェットスプリントの最大の特徴がフラットソールです。

ピンレスプレートデザイン×フラットソールを採用

  • メタスプリントのピンレスプレートをベースにハニカム(正六角形)構造で高さに差を作っている
  • 中足部はやや硬めに設計されているが、前足部はやや柔らかめで屈曲性がある
  • プレートの傾斜はかなり浅くほぼフラット

つまり…?

  • ハニカム(正六角形)構造はハチの巣と同じ構造(航空機などのハイテクノロジーにも採用されている)➡軽量性と強度を兼ね備え、衝撃を効率的に分散できる。また、辺の数が多いためグリップ力も期待できる。
  • 中足部での反発が高いので、フラット接地で最も反発が得られるようになっている。
  • 前足部の屈曲性もあるため、フラット接地を習得できていなくても扱いやすい。
アキラ

前足部の屈曲性が結構高いため、フラット接地でなくてもプレートを曲やすく走りやすくなっています。

安定性の高いセミラウンドソールを採用

かかと部は安定性と軽量性を併せ持つセミラウンドソールになっています。クッション性はほぼないので、地面への接地感は強いです。変な表現ですが、素足より素足に近い感覚があります。

アキラ

地面を捉える感覚がダイレクトに伝わってくるのがとても新鮮なスパイクです。

無駄を削ぎ落した4本ピン

ピンは固定ピン5mm×4本です

  • メタスプリントのソールの隆起部にあたる部分にピンを配置したイメージ
  • フラット接地においてはピンをトラックに刺してグリップする走り方ではないため、あくまで補助的に配置されている
  • 少しでも接地時間の短縮を求める選手にとっては最適で無駄のないピンの配列
アキラ

ピンの本数は少ないですが、プレート全体にでこぼこした隆起があるためグリップ力は十分になりますし、コーナーでも不安はありません。

価格は高めだがオンラインだと安く買える

定価…27,000円(税込)

Amazon、楽天、ゼビオオンラインだと、サイズやカラーによって価格に変動はありますが、10,000円前後~20,000円前後になっています。定価は高めですが、インターネットで購入すれば店舗によってはかなり安く手に入ります。

新作のジェットスプリント3が2024年1月31日に発売されたため、今後の生産は中止されると思われるため、購入を検討している方はお急ぎください。

ジェットスプリント2

幅広いサイズ展開

23.0cm~29.5cmのサイズ展開になっています。

サイズ感は従来よりもタイトに設計されている

幅はSTANDARDです。ほぼ2Eだと思って大丈夫です。合成皮革素材のアッパーであった従来モデルのジェットスプリントと比較して、タイトめに設計されています。HL-0メッシュは伸縮性が高いため高いフィット感がありますが、個人的にはつま先が結構窮屈でした。

ジェットスプリント2のサイズ選びの指標は以下の表をご覧ください。

今履いているスパイクのアッパー素材サイズ選び
アシックスHL-0メッシュ
モーションラップ
±0cm
合成皮革+0.5cm
ミズノウーブン+0.5cm
合成皮革+0.5cm

もともとHL-0メッシュやモーションラップアッパーのスパイクを履いている場合は同じサイズで問題ありませんが、同じアシックスのスパイクでも合成皮革素材のアッパーを履いている場合や、ミズノのスパイクを履いている場合は0.5cmアップした方が良いでしょう。

アキラ

私はランニングシューズ、従来の合成皮革のスパイクは25.0cmですが、ジェットスプリント2は25.5cmがジャストサイズでした。

上位モデルながらカラー展開は豊富

ディーバピンク
ホワイト
ブラック
ガンメタル
ピーコート
ホワイト
ベルベットパイン
セーフティイエロー
デジタルアクア
ブラック
サンライズレッド
ブラック

現在Amazonや楽天等で購入できるもので6色展開です。

重量はかなり軽い部類

約140g…26.0cm片足

だいぶ軽いです。ここまでくると手に持っただけで軽さを実感できます。

※参考(±5g程度の誤差あり)

スパイク名重さサイズ




SP
ブレード9
約165g26.0cm
サイバー
ブレード16
約170g26.0cm
ソニックスプリント
エリート2
約145g26.0cm


Xレーザー
ネクスト3
約155g26.0cm
Xブラスト
エリート3
約155g26.0cm
クロノ
インクス9
約140g26.0cm
各スパイクの重量比較表

口コミ・レビュー情報

インターネットで紹介されているジェットスプリント2の口コミ・レビューの概要を紹介します。

  • いつもは2Eなのできつかった0.5cmアップした方がいい。
  • ピンが短いのが不安だったが、しっかり接地できれば全く問題ない。アッパーも伸縮性が高いので履きやすい。
  • 短いピンのおかげで接地時の違和感が少ない。ソールのハニカム構造がグリップと反発があってよい。
  • アッパーの伸縮性、ダイナラップによりきつく感じるが、その分足にフィットして一体感がある。0.5cm上げると指に遊びが出来てしまうので自分はいつものサイズでよかった。
  • 高いフィット感があるためカーブでもブレることなく安定して走れる
  • しっかりフラット接地が出来ている時はうまく推進力が生み出せる
  • 前足部は適度な屈曲性があるので、完璧にフラット接地がマスターできていなくても走りやすい。
アキラ

HL-0メッシュ×ダイナラップで高いフィット感があります。グリップ力も高く、プレートも硬すぎないので思いのほか走りやすいスパイクです。

まとめ

ジェットスプリント2は以下のような方に強くおすすめします。

  • フラット接地の練習をしている、またはアップシューズがフラットシューズでフラット接地の感覚が身についてきた選手
  • 足首の関節が硬めで、接地から蹴り出しまで足関節の角度の変化が少ない選手
  • 接地時間を短くし、ピッチを上げて記録を伸ばしたい選手
  • 筋力がまだ不十分で硬すぎるプレートは扱えない中学生や女子選手

ジェットスプリント2はフラット接地をコンセプトに作られたスパイクではありますが、プレートが硬すぎないので、どんな接地のパターンでもプレートの反発を貰うことができるバランスの取れたスパイクになっています。

そのため、中学生や女子選手で記録を狙っていきたい方にもオススメできるスパイクです。

アキラ

最後までご覧いただきありがとうございました。

ジェットスプリント2
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次